輝く黄金の19文字、1400年ぶりに露出

輝く黄金の19文字、1400年ぶりに露出 (西日本新聞) – Yahoo!ニュースより 
輝く黄金の19文字、1400年ぶりに露出
西日本新聞 1月23日(金)10時49分配信

金象眼がよみがえった「庚寅」の文字
 福岡市は22日、同市西区の元岡古墳群で出土した鉄製大刀(全長75センチ)から、西暦570年を意味する「庚寅(こういん)」の文字など金象眼が施された19文字全ての露出に成功したと発表した。文字は4~6ミリ四方で、全ての文字に95%前後の高純度の金が使われていたことも判明。1400年以上前に刻まれた黄金の文字が鮮やかによみがえった。

あらわになった金象眼の19文字(福岡市提供)

 19文字は「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果□」。未判別の最後の文字は「練」の可能性が高く、庚寅の年の正月6日に作ったことや、何度も鍛えられた上質な刀だと記しているとみられるという。

 大刀は2011年9月に出土。国内で暦が使われた最古の例で、古墳から出土し金象眼が確認された大刀は、全国に3例しかない。市は13年11月から、刀を覆ったさびを手作業で落とす作業を続けてきた。
 調査指導委員会委員の坂上康俊九州大教授(日本古代史)は「楷書の毛筆を忠実に写そうという強い意識を感じる文字もあり、美的センスが高い」と評価。同委員長の西山要一奈良大教授(保存科学)は「国宝級の価値がある」と話した。

 大刀は23日から3月31日まで、同市博多区井相田の市埋蔵文化財センターで展示される。

=2015/01/23付 西日本新聞朝刊=
.西日本新聞社

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク