違うでしょ-ギャンブル依存症、家族で闘う 治療・回復への道は

「ギャンブル依存症、家族で闘う」からダメなんだよ!

ギャンブル依存症、家族で闘う 治療・回復への道は:朝日新聞デジタルより 
ギャンブル依存症、家族で闘う 治療・回復への道は
田中祐也
2015年1月12日10時26分
ギャンブル依存症問題を考える会の田中紀子代表(左)と夫の恵次さん。早期治療の必要性や予防・啓発に向けた活動をしている=東京都中央区

 ギャンブル依存症からの回復のカギは家族にあると言われる。本人は、自分が病気だとなかなか認めないからだ。しかし、その家族も追い詰められ、正常な判断ができなくなっていることがある。

■尻ぬぐい「私が支えなくては」

 「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表は、依存症者の家族に「治療を受けさせるには、家族が変わらなきゃ」と伝えている。その思いは自身の体験から来ていた。

 1998年に結婚した夫、恵次さんがギャンブル依存症だった。優しい子煩悩な父親だが何度も借金を作り、ばれるたびに「二度とやらない」と涙を流して謝った。田中さんは「自分が支えなければ」と尻ぬぐいをしてきた。

 6年後、借金の総額が1千万円を超え、どうにもならなくなったとき、初めて夫婦で心療内科を受診した。医師は田中さんに言った。「ご主人はギャンブル依存症だが、あなたも共依存だ」。依存症者に振り回されるうちに疲弊し、世話をすることに価値を見いだしていると説明された。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク