国内最古級の埋葬例か 沖縄の遺跡で縄文時代早期の人骨

琉球人の起源。
DNAが採取できれば南方系か北方系かが解明できる。
国内最古級の埋葬例か 沖縄の遺跡で縄文時代早期の人骨:朝日新聞デジタルより 
国内最古級の埋葬例か 沖縄の遺跡で縄文時代早期の人骨
編集委員・中村俊介2014年12月12日14時58分
見つかった成人人骨。指さしているあたりが頭部=沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡
 日本人の起源論争に一石を投じる先史時代の発見が相次ぐ沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で、9千年以上前(縄文時代早期)の人骨が見つかった。発掘している沖縄県立博物館・美術館(那覇市)が11日、発表した。葬られたままの状態とみられ、国内最古級の埋葬例の可能性があるという。

 人骨は、地表から3メートルほど下の層から見つかった。成人で、性別は不明。仰向けに横たわった状態で、直径約30センチ大の4個の石で頭や胸、腹などを人為的に覆っていた。腕の骨の関節がつながるなど元の位置を動いていないとみられることから、洞穴内を墓として埋葬した可能性があるという。

 過去に約9千年前の土器が見つかった層より下から出土したため、それより古いと判断した。本土では上黒岩岩陰遺跡(愛媛)や栃原岩陰遺跡(長野)などで縄文早期の埋葬例があり、埋葬ならばそれらと並ぶ古さになる。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク