リンク-安全と成長置き去りに日赤「血液事業独占」の惨状 ㊤

安全と成長置き去りに日赤「血液事業独占」の惨状 ㊤-集中|MEDICAL CONFIDENTIAL 2011年8月 5日

病院経営者のための月刊医療情報誌『集中』&『MediCon』/集中出版社より 

すり抜け事件発生でも不活化進めぬ日赤の「慎重姿勢」

『起こるべくして起きた事態だった。エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が日本赤十字社(近衞忠煇社長)の安全検査をすり抜け、数人に輸血されていた問題だ。昨年11月に明らかになった。 2003年に輸血によるHIV感染事例が発覚して以来、感染者の血液が輸血に使用されたのは初めてだ。当初の報道では「HIV検査目的での献血だった可能性」が強調されが、献血者に何らとがはない。日赤は「安全対策」を強化
詳しく見る
2014年2月 1日 09:30』

安全と成長置き去りに日赤「血液事業独占」の惨状 ㊦

『日本赤十字社は全血献血で集めた血小板成分を捨てている──この事実はすでに8月号で伝えた。超高齢社会が到来し、日本の人口は今後減少していく。献血者もまた減る。果たして日赤に血液事業を独占させ、膨大な無駄を残しておいていいのか。9月号で指摘した問題点を続けて追及していきたい。 すでに答えは明らかだが、もう少しだけお付き合いいただこう。無駄省けば少子化社会にも適応」 日本で行う血小板成分採
詳しく見る
2011年10月 1日 21:33』

安全と成長置き去りに日赤「血液事業独占」の惨状 ㊥

『かつて成分献血が推奨された時代がある。背景には輸血を介した感染症があった。5~6人分を一つにまとめて1人分にする。単純に計算すれば、感染症の危険性も5~6倍になる。それよりも成分献血の方がいい──この発想である。  だが、現実には海外でこうした方法を取っている国はほぼない。 「感染症の予防は検査に頼るのではなく、可能性のある病気はできるだけ不活化。安い血液を使う」  日本で同じ行動が取れないのは
詳しく見る
2011年9月 1日 09:30』

安全と成長置き去りに日赤「血液事業独占」の惨状 ㊤

『「血液が不足しております」 全国の繁華街では今日も声を枯らしている人の姿があるはずだ。日本赤十字社の献血ルーム。東京なら、新宿や渋谷、有楽町といった駅の近くに設けられている。 東日本大震災では日赤の名の下に医療支援が繰り広げられた。これはまだ記憶に新しいところだ。いずれも、当たり前の光景に見える。だが、果たしてそうなのだろうか。院長個人に債務保証求める 「ここの医療に特殊性があるかといったら、何』


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 売血制度を復活させよう パーマリンク