蔵王山で火山性微動を観測 気象庁が注意よびかけ

蔵王山で火山性微動を観測 気象庁が注意よびかけ:朝日新聞デジタルより 
蔵王山で火山性微動を観測 気象庁が注意よびかけ
土居貴輝
2014年11月20日20時02分
 気象庁は20日、宮城・山形県境の蔵王山で19日夜、今年最大の振幅の火山性微動を観測したと発表した。蔵王山の状況についてホームページで「解説情報」を載せ、注意を呼びかけた。

 同庁によると、19日午後9時49分、今年最大の振幅の火山性微動が観測され、約7分半続いた。午後11時までに振幅の小さい微動も2回観測され、微動が始まる直前には、山頂の南側がわずかに膨らんでいたことが傾斜計で確認された。

 20日、陸上自衛隊のヘリで上空から蔵王山を観測したが、噴気や火口湖に異常はなかったという。蔵王山では、19日の3回を含め10月以降計8回の火山性微動が確認されている。

 一方、岐阜・長野県境の御嶽山について、気象庁の西出則武長官は20日の記者会見で「今の状況で年内に(入山を規制する)噴火警戒レベル3を引き下げるのは難しい」と述べた。(土居貴輝)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク