古墳頂上に石積み方形壇か 大王墓構造に手がかり 西殿塚古墳 奈良県天理市

古墳頂上に石積み方形壇か 大王墓構造に手がかり 奈良:朝日新聞デジタルより 
古墳頂上に石積み方形壇か 大王墓構造に手がかり 奈良
編集委員・今井邦彦
2014年4月16日06時54分
西殿塚古墳で見つかった方形壇の石積み=「書陵部紀要」第65号・陵墓編から

 邪馬台国の女王・卑弥呼の後継者、台与(とよ)の墓との説があり、宮内庁が陵墓として管理する奈良県天理市の前方後円墳、西殿塚(にしとのづか)古墳(3世紀後半~4世紀初め、全長約230メートル)で、前方部頂上にある方形壇が石積みである可能性が高いことが明らかになった。同庁が3月に発行した「書陵部紀要」で報告した。

 3~5世紀ごろの古墳では竪穴式石室の上に盛り土の壇が造られ、石積みの壇は珍しい。卑弥呼の墓説もある同県桜井市の箸墓古墳(3世紀中ごろ~後半、全長約280メートル)の後円部にも石積みの壇はあり、初期の大王墓の構造を考える上で貴重な手がかりとなる。

 西殿塚には、前方部と後円部にそれぞれ一辺約22メートル、高さ約2・2メートルと、一辺約35メートル、高さ約2・6メートルの方形壇がある。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク