神経や記憶とか

記憶のメカニズムを求めて 2012年3月5日 ニューヨークタイムズ
サイトより『1950年代、貴方がハーバード大学の学生であった時に精神分析に憧れましたね。これはあのウィーンでの悲劇に関連していますか。
精神分析があまりに多くのことを解決するように見えたものですから魅了されたのです。1950年代から1960年代は、世界のインテリが皆そうでした。あの当時、精神分析こそが心の病を解決できると考えられたのです。しかし、精神分析が現実を解決すると言うより夢に近いと分かった時、幻滅は大きかった。私も精神分析をやめて研究に打ち込んだのです。』
『短期記憶とは神経細胞の連結の一時的変化だったのに対して、長期記憶では新しいシナプスが形成される組織的変化であったのです。』

記憶が保持される新たなメカニズム – サイエンスあれこれ 2012年6月6日

高校生物:行動 ●第5項 シナプスの変化とタンパク質のリン酸化

3. アメフラシの学習 – 単純な神経系をモデルとして(PDF) 脳機能解析分野


理化学研究所 脳科学総合研究センター(理研BSI)
理化学研究所・脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム
1.脊椎動物を通じて保存されている情動系神経回路の働きを探る
2. 情動行動における手綱核の役割を探る
2-1.ゼブラフィッシュを用いた情動行動における手綱核の研究
情動のメカニズムの探求 RIKEN


ドーパミンが線虫の匂い学習に必要であることを発見―抗精神病薬研究への応用も期待― 2010年12月1日
(線虫から人は飛躍しすぎでない?)
神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学領域ニュースVol.2(PDF) 2011年3月
P10| 線虫C. elegansにおける行動選択を制御する感覚情報処理のメカニズム
P08| 恐怖経験に基づいた行動選択と進化的に保存された神経回路


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 人工知能=チューリングテスト合格 タグ: , パーマリンク