税金無駄使い-ナトリウム漏れ監視カメラ、3分の1が故障 もんじゅ

故障したままで問題無いということは無駄遣いだ。
廃炉にしたくても猛烈な放射能の燃料棒の処理ができない。
そもそも廃炉にする技術が無いから維持という放置を続けてるだけだろう。
ナトリウム漏れ監視カメラ、3分の1が故障 もんじゅ:朝日新聞デジタルより 
ナトリウム漏れ監視カメラ、3分の1が故障 もんじゅ
2014年10月12日20時43分
 日本原子力研究開発機構は12日、停止中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)で、ナトリウムの漏れを監視するカメラ180台のうち約3分の1が故障していることを明らかにした。安全上の問題はないとしているが、保安規定に違反する可能性もある。

 もんじゅでは1995年に配管からナトリウムが漏れる事故があり、2005年からの改造工事で、原子炉補助建物内の2次冷却系の配管がある部屋などに監視カメラを設置し、運転管理をする中央制御室から確認できるようにしていた。原子力機構によると、昨年2月の点検で一部のカメラの故障が見つかったが、すでにメーカーが製造していないため修理していなかった。今年9月の原子力規制委員会の保安検査で、180台のうち54台が故障していると伝えた。

 原子力機構は「漏洩(ろうえい)を検知する装置もあり、カメラは補助的なもの。故障した場所には別のカメラもあり、安全上の問題はない」としている。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 奴隷制官僚国家, 気になるニュース タグ: パーマリンク