伊丹も-陸自、まとめ買いせず4千万円割高 カートリッジ購入で

存在自体が??だから税金の浪費に無神経。
陸自、まとめ買いせず4千万円割高 カートリッジ購入で:朝日新聞デジタルより 
陸自、まとめ買いせず4千万円割高 カートリッジ購入で
水沢健一
2014年10月2日11時08分
印刷メール [PR]  陸上自衛隊の備品のインクやトナーの購入方法を会計検査院が調べると、五つの主要な駐屯地が2年間に支払った代金が、まとめて買う場合よりも計約4200万円割高だった。不足するたび、少量ずつ割高な単価で買っていた。検査院は9月30日、経済的な購入方法を検討するよう防衛省に求めた。

 陸自は全国を五つのエリアに分け、それぞれに物品購入を担う補給処を置いている。プリンターのインクカートリッジやコピー機のトナーカートリッジは通常、補給処がまとめ買いして各駐屯地に供給するが、急に必要になった場合などは駐屯地が独自に業者から購入している。

 検査院によると、札幌、仙台、朝霞(あさか=東京)、伊丹(兵庫)、健軍(けんぐん=熊本)の5駐屯地は2011、12年度に計約4億7千万円分のカートリッジを独自に購入。購入数は数個から数十個と少なく、まとめて買えば、11年度で約2900万円、12年度で約1300万円節約できたという。

 防衛省は「駐屯地が独自に購入していたカートリッジも、補給処でまとめて買うことを検討したい」としている。(水沢健一)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース, 近所 パーマリンク