御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず

御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず:朝日新聞デジタルより 
御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず
2014年9月27日18時09分
噴煙を上げる御嶽山火口。右端の山小屋は灰をかぶっている=27日午後2時12分、朝日新聞社ヘリから、池永牧子撮影
 気象庁の北川貞之火山課長は27日午後、記者会見し「今後も噴火が発生する可能性があり、山頂火口から4キロ程度の範囲では、噴火による大きな噴石が飛散する可能性がある」と述べ、注意を呼びかけた。

【動画】御嶽山が7年ぶり噴火 気象庁「収束の判断難しい」

 また、噴煙が3キロにわたり南側の斜面を流れるのが確認されており、「高温だと火砕流というが、火砕流はいろいろな定義があるので、今回のものも火砕流と言ってもいいかも知れない」と話した。

 御嶽山は、今月11日に1日80回を超える地震が観測され、地震活動が活発になっていた。ただ、山の表面が膨らむといった地下からマグマが上昇してくるようなデータは確認されておらず、北川課長は「地震の回数だけで、噴火の前兆と判断するのは難しい」と、噴火の予知は困難だったとの認識を示した。

 マグマが関係した噴火かどうかについては、「火山灰を採取して判断する必要があり、現時点では分からない」とした。今後の火山活動について、同規模の噴火が起きる可能性があるといい、「いつごろ終息するかは言えない」と話した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク