イタリア政府が大麻栽培容認 医療用限定、軍施設で

イタリア政府が大麻栽培容認 医療用限定、軍施設で:朝日新聞デジタルより 
イタリア政府が大麻栽培容認 医療用限定、軍施設で
ローマ=石田博士
2014年9月20日09時45分
 イタリア政府は20日までに、これまで禁じていた大麻の栽培を軍施設で医療用に限って認めることを決めた。同国の保健相と国防相が協定に署名した。

 欧米では病人の痛みを減らすために大麻を使う例が増えている。イタリアでは2007年に医療用大麻の販売や使用が合法化されたが、大半がオランダからの輸入品で高価なため、一部の人しか使えなかったという。

 ロイター通信などによると、伊中部フィレンツェ郊外の軍研究所で栽培・加工する。施設周辺は、厳重な警備を敷くという。軍の管理のもとで輸入品より割安な医療向けの大麻をつくる狙いだ。民間企業の生産は認めていない。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク