兵庫県議会、全会派で不適切支出 政活費返還へ

兵庫県議会、全会派で不適切支出 政活費返還へ:朝日新聞デジタルより 
兵庫県議会、全会派で不適切支出 政活費返還へ
2014年9月11日03時10分
 兵庫県議会(定数89)の政務活動費をめぐる問題で、所属議員の支出を調べていた全会派から、支出に不適切な点が見つかったと申告があったことが県議会関係者への取材でわかった。合計で少なくとも十数人にのぼり、返還する意向を示している。返還額は1人あたり数百円~100万円程度という。

 辞職した野々村竜太郎元県議の問題を受け、各会派の幹部が所属議員の過去3年分の支出内容を調べていた。10日、返還する不適切な支出の金額や使途などを記した調査結果を、各会派の代表による「政務活動費のあり方検討会」座長の石堂則本県議あてに提出した。この日は具体的な中身は明らかにされず、石堂座長は「検討会で相談し、できるだけ早く公表する」としている。

 県議会の政活費をめぐっては、これまで自民党の加茂忍県議が熊本や長崎を夫婦で訪れた宿泊代など約6万8千円や、インドネシア・バリ島で購入した絵画代1万6千円を支出したことが判明。議会関係者によると加茂県議は一部返還の意向を示しているという。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 近所 タグ: パーマリンク