ストーカー-小保方氏NHKにトイレまで追跡された…同局は全面謝罪「行き過ぎた取材」

小保方氏NHKにトイレまで追跡された…同局は全面謝罪「行き過ぎた取材」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースより 
小保方氏NHKにトイレまで追跡された…同局は全面謝罪「行き過ぎた取材」
デイリースポーツ 7月24日(木)18時47分配信

 NHKにトイレまで追跡されたという小保方晴子氏
 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)が23日夜に、NHKの報道スタッフから強引な取材を受けたとして負傷した問題で、小保方氏は24日夕方に神戸市内の病院で検査を受け「頸椎ねんざ」「右ひじ筋挫傷」で全治2週間と診断された。

 代理人の三木秀夫弁護士が明かした。

 現在、小保方氏は神戸市の理研発生・再生科学総合研究センターで実験に参加しており、利き腕の右手を負傷し「まるで犯罪者扱い。右手が痛くて実験に支障をきたしかねず、非常に悔しい」と話しているという。

 小保方氏の様子について、三木弁護士は「カンカンに怒っている」と明かした。

 同弁護士の説明では、小保方氏は23日午後8時ごろに車で同センターを出た後に、NHKの報道スタッフにバイクなどで長時間にわたって追跡され、近くのホテルに逃げ込んだ。その後、ホテル内で4~5人のNHKスタッフと、カメラ2台に30分以上、追い回されたという。

 エスカレーターで2台のカメラに挟まれ、逃れようとして逆走した際にNHKスタッフらと接触し、負傷したという。またトイレの個室に逃げ込んだ際には、女性スタッフがトイレ内まで追いかけてきて、外部と電話で連絡をとる場面もあったという。

 23日夜に連絡を受けた同弁護士がNHKに抗議し、刑事告訴も辞さない態度を示したところ、この日昼にNHK大阪放送局の報道部長や記者ら3人が同弁護士の事務所を訪れ「行き過ぎた取材があった」と全面謝罪。23日に撮影した内容は、放送しないことを約束したという。

 NHKは27日にNHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」を放送予定で、同弁護士によると22日までにNHKから取材の質問書が届いたが、22日夜に回答を断ったといい、23日の強引な取材に関して同弁護士は「NHKスペシャルに向けた取材だったと推察される」と話した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース パーマリンク