オートパイロットシステム開発によるまちづくりの提案

道路:オートパイロットシステムに関する検討会 – 国土交通省で税金を浪費してもGoogleにヘッドハンティングされて徒労に終わるだろう。

そもそも大型免許を持ってないだろう検討委員が集まっても机上の空論にしかなりえない。

そこで提案。
オートパイロットシステムの自動車によるレースを専用サーキットを作って開催する。
ロボコンの自動運転版だ。
自動車や飛行機の開発もレースによる紐付きでない技術開発競争で進歩・発展した。

取り敢えず税金の浪費を止めろ!

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース, 福祉のまちづくり パーマリンク