障害者差別事例-ダウン症児外し入学式写真 長野の小学校、校長がおわび

ダウン症児外し入学式写真 長野の小学校、校長がおわび:朝日新聞デジタルより 
ダウン症児外し入学式写真 長野の小学校、校長がおわび
井口恵理、山田雄一
2014年4月12日07時36分
 長野県内の公立小学校で今月初めの入学式での新入生の集合写真をめぐり、同校にも通うことになった特別支援学校のダウン症の男児が外れた写真と、加わった写真の2種類が撮影された。校長が男児の母親に対して提案した。校長は「配慮が不足していた」として男児の両親におわびした。

 母親は「今は、私たちを他の児童と同じように受け入れてくれているので感謝している」と話す。

 母親によると、男児はこの春、特別支援学校小学部に入学。同時に、地域の児童との交流の一環で地元の小学校の授業や行事にも月に1、2回参加することが決まった。小学校の教室に男児の机も置かれ、クラスの一員として受け入れられることになった。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 パーマリンク