NHK、ラジオをネット同時配信 新年度中の開始目指す2011年2月16日20時50分

受信料を取っておいて経営はブラックボックス。勝手に電波を送り付けて受信料を強制的に徴収するなどウェブの悪質有料アダルトサイトと同じではないか。
緊急通報もチャンネルを合わせていないと無意味なのでNHKである必要は無い。テレビ放送の地上波のデジタル化はテレビのウェブへの進出を加速する。ラジオの配信とテレビの配信に区別は付けられない。NHKの時代は終わろうとしている。

朝日新聞より
 NHKは16日、ラジオ番組をパソコンでも聴けるよう、放送と同時にインターネットへも配信する方針を明らかにした。2011年度中の開始を目指し、総務省に認可を求める。ラジオ第1、第2、FMのすべてを同時配信するかなど、具体的な内容は今後詰める。

 民放ラジオでは同種のサービス「ラジコ」が始まっているが、NHKは放送法の規定でネットへの同時配信は認められていない。今回は、都市部や日本海側で起きている電波障害、混信対策として特例の適用を求めるという。

http://www.asahi.com/national/update/0216/TKY201102160376.html

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース パーマリンク