兵庫県伊丹市よ頸髄損傷者に対する障害者差別を解消して!

兵庫県(知事宛)に対して障害者差別解消の要望書を提出しよう!
私の要望は以下の3点です。
1.頸髄損傷者(重度障害者)の訪問看護費用の自己負担の軽減
2.電動車椅子購入に際する更生相談所の適合判定の手動車椅子との差別撤廃
 手動車椅子と同様に巡回相談時に適合判定を行う
3.車椅子用グローブを補装具として補助対象とする

カテゴリー: 頸髄損傷者の日常 | 兵庫県伊丹市よ頸髄損傷者に対する障害者差別を解消して! はコメントを受け付けていません。

後縦靭帯骨化症の手術から退院して1ヶ月

後縦靭帯骨化症の手術から退院して1ヶ月。体力はやっと入院前くらいに回復してきたのでぼちぼち復活。やれやれでした。

カテゴリー: 頸髄損傷者の日常 | 後縦靭帯骨化症の手術から退院して1ヶ月 はコメントを受け付けていません。

患者への面会から院内感染か 京都・堀川病院の9人新型コロナウイルス感染

年寄と若者は自分だけは大丈夫だという呪いにかかっている。

患者への面会から院内感染か 京都・堀川病院の9人感染 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 患者への面会から院内感染か 京都・堀川病院の9人新型コロナウイルス感染 はコメントを受け付けていません。

神戸西署、署長と副署長も新型コロナウイルス感染 応援で120人配備

新型コロナウイルス感染者に対する差別はダメだけれど愚行は批判はされるべきだ。

神戸新聞NEXT | 総合 | 神戸西署、署長と副署長も感染 応援で120人配備 | 神戸新聞NEXT より
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 神戸西署、署長と副署長も新型コロナウイルス感染 応援で120人配備 はコメントを受け付けていません。

マスクせず仕事「今思えば恐ろしい」全柔連、新型コロナウイルス集団感染

マスクせず仕事「今思えば恐ろしい」全柔連、集団感染:朝日新聞デジタルより
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | マスクせず仕事「今思えば恐ろしい」全柔連、新型コロナウイルス集団感染 はコメントを受け付けていません。

みましたか?NHK「#95宝塚ブラタモリ」のブログのリンク

みましたか?NHK「#95宝塚ブラタモリ」 : ぶらり宝塚 ーハッピー地域メディアー

カテゴリー: 地形クラブ, 近所 | みましたか?NHK「#95宝塚ブラタモリ」のブログのリンク はコメントを受け付けていません。

新型コロナウイルス肺炎の報道

新型コロナウイルス肺炎の報道

兵庫県/新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

報道発表一覧(新型コロナウイルス)|厚生労働省では分かり難い。

新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

    
神戸新聞NEXT|連載・特集|新型コロナウイルス| 傍聴席の間隔 1メートル空け運用 神戸地裁、家裁など |尼崎で初の新型コロナ 伊丹で感染判明の施設関係者

   

2020/03/04 23:30
国内感染1000人超す 新型コロナ:朝日新聞デジタル
国内感染1000人超す 新型コロナ
 国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は4日午後11時半現在、1035人になった。山口県と宮崎県で初めて感染が確認された。
 1月16日に神奈川県の病院で国内初の感染者が見つかってから49日目で、感染者は1千人を超えた。
 山口県で感染が分かったのは下関市の40代の男性会社員。市などによると、2月25日に医療機関を受診したが、症状が改善せず、3月2日に入院していた。男性は営業職で、2月12日と14日は大分県に出張したほか、同月15~21日には帰省や出張のため福岡、熊本、大分の各県を訪れていた。
 東京都や京都市、高知県などでも新たな感染者が見つかった。東京都の30代と40代の女性2人と京都市の50代女性は、複数の感染者が確認されている大阪市のライブハウスでのライブに参加していたという。30代の女性は世田谷区の保育施設職員で、発症後の2月25~28日も勤務。日頃からマスクを着けずに働いていたという。保健所は、園児を含めて濃厚接触者の有無などを調べている。
 大阪府で新たに感染がわかった9人のうち2人は、別のライブハウスでのライブに参加していたという。
 高知県で新たに感染がわかった4人のうち1人は10歳未満の小学生だった。
 感染が拡大している北海道では新たに3人の感染が見つかり、道内で確認された感染者は82人になった。
 ■国内で確認された感染者
感染者総数(死者) 1035人(12)
国内での感染判明例 313人
 北海道82(3)
 宮城1
 栃木1
 埼玉4
 千葉18
 東京44(1)
 神奈川32(1)
 新潟5
 石川6
 長野2
 岐阜2
 静岡1
 愛知49
 三重2
 京都5
 大阪17
 兵庫3
 奈良1
 和歌山13(1)
 山口1
 徳島1
 愛媛2
 高知7
 福岡3
 熊本6
 大分1
 宮崎1
 沖縄3
クルーズ船 712人(6)
チャーター便 15人
検疫や隔離・搬送などに関わった人 11人
 (4日午後11時半時点。厚労省の資料と都道府県の発表から。内訳には一部重複があります)

2020/03/03 20:20
神戸新聞NEXT | 総合 | 新型肺炎、神戸の40代男女が感染 女性は大阪のライブに

2020/03/03 12:39
新型肺炎、神戸市初の感染者 40代男性 | 神戸新聞NEXT

2020/03/01 21:30 兵庫県初の感染者を確認 新型肺炎 西宮市在住の40代男性 | 神戸新聞NEXT

朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイトより

    


カテゴリー: 気になるニュース | 新型コロナウイルス肺炎の報道 はコメントを受け付けていません。

「伊丹市新庁舎プロモーション動画」で何がしたいんだ?伊丹市よ

市営住宅のバリアフリー化工事の計画の無い伊丹市
重度障害者の訪問看護費用に助成の無い伊丹市
平日10時台に市立病院や市役所に行くバス便を廃止してでも赤字の空港直行便を続ける伊丹市

そうまでして貯めた税金で立派な市役所を建てる。
バリアフリーの市営住宅は無くてもバリアフリーの市役所本庁舎だから「日本一住みやすい」らしい。

ちなみにお隣の宝塚市は市営住宅をバリアフリーに建て替えて市役所本庁舎は耐震化工事に止める。

伊丹市新庁舎プロモーション動画 – YouTube
https://m.youtube.com/watch?v=ziZrILRebIo

カテゴリー: 近所 | 「伊丹市新庁舎プロモーション動画」で何がしたいんだ?伊丹市よ はコメントを受け付けていません。

政府の布マスクの全戸配布は盗まれて転売されるだけ!

今更手遅れだけど、
政府の布マスクの全戸配布は配布方法が普通郵便による郵送なので盗み放題だから最悪の結果になるぞ!
来週から盗んだマスクの転売だらけになるはず。

それに全ての配達員が善人とは限らない。
年間に配達員による郵便物の盗難や破棄は数万通を下らない。

布マスクの全戸配布に関するQ&A|厚生労働省

カテゴリー: 奴隷制官僚国家 | 政府の布マスクの全戸配布は盗まれて転売されるだけ! はコメントを受け付けていません。

生存確認 20200410

生存確認
4月1日に神大病院に入院
4月3日後縦靭帯骨化症の手術
現在は順調に回復していて
4月15日に予定通り自宅に退院予定

まだ首の根本に鈍痛がありますが元気です。

カテゴリー: 頸髄損傷者の日常 | 生存確認 20200410 はコメントを受け付けていません。

NHK経営委、違法な番組干渉か 「作り方に問題」発言

NHK経営委、違法な番組干渉か 「作り方に問題」発言:朝日新聞デジタル より
続きを読む

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース | NHK経営委、違法な番組干渉か 「作り方に問題」発言 はコメントを受け付けていません。

乙巳の変(大化改新)の原因は百済支援勢力による陰謀のクーデター – 古代妄想

乙巳の変(大化改新)は百済を支援する勢力が倭に百済支援させるために画策した陰謀によるクーデターでしかない。

教科書では曽我氏が天皇をも凌ぐ勢いあって天皇をないがしろにした為に仏教支持派の曽我入鹿を神道支持派の中大兄皇子と中臣鎌足が暗殺した事件とその後の一連の政策が大化改新と習った。

しかし、乙巳の変の後の難波長柄豊崎宮への遷都から白村江の戦いへの政策は百済支援への挙国一致政策でしかない。
天皇中心の中央集権制を強固にするために外敵を想定することは政治手法としてよくあるが、大化改新はその範疇ではなくて明らかに倭国の命運を百済支援に懸けている。
だから白村江の戦い敗北後の水城の建設や近江遷都など狼狽ぶりが尋常ではない。

中大兄皇子=天智天皇が亡くなった後、壬申の乱では朝廷軍は大海人皇子=天武天皇の豪族連合軍に敗北しているので天武天皇が朝廷軍無き後に中央集権を強固にできたとも信じがたい。
天武天皇が制定した八色の姓(やくさのかばね)は功績のあった豪族を官職に就かせるための手段と考えると府に落ちる。

中大兄皇子と中臣鎌足は百済系渡来人か彼らに支持された勢力の一味であって神道どうのというのは後付けでしかなさそうだ。


カテゴリー: 古代妄想 | 乙巳の変(大化改新)の原因は百済支援勢力による陰謀のクーデター – 古代妄想 はコメントを受け付けていません。

みる気が失せた!映画『Fukushima 50』はなぜこんな「事実の加工」をしたのか?

なるほど。


映画『Fukushima 50』はなぜこんな「事実の加工」をしたのか?(中川 右介) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

映画『Fukushima 50』はなぜこんな「事実の加工」をしたのか?
観客をミスリードする作り
中川 右介プロフィール
シェア1,643ツイート96

福島第一原子力発電所の事故を描いた映画『Fukushima 50』(若松節朗監督)が3月6日公開される。

これは、一種の「戦争映画」だ。福島第一原発を戦場として描き、吉田所長以下の職員たちを兵士として英雄的に描く。

娯楽映画として、よくできている。

原発のプラント内の再現度が高い。といって、私自身が実際の原発を見ているわけではないので、どこまで再現されているかは確証できないが、リアルに感じた。

凄まじい事故だということ、原発内部の構造がよく分かる。そして、現場の職員たちの危機感もよく伝わってきた。よくぞ、日本は無事だったと思う。

しかし、大きな問題のある映画だ。

混乱の元凶は「総理」だったのか?

娯楽映画なので、作劇上、主人公であるヒーローに対し、悪役が必要なのは分かる。

この映画が扱う戦争では、倒すべき相手は「どこかの国」でもテロ組織でもなく、暴走している原発だ。

そして原発そのものは敵ではない。むしろ、職員たちは原発を愛しており、傷ついて苦しんでいるのをどうにかしてやりたいという感情を抱いている。原発を救おう、という感覚だ。

この映画での悪役は、自分は安全なところにいて、無理なことばかり言う東電本店の役員たちであり、分かりもしないのに口を出してくる首相官邸なのだ。

といって、それは「敵」というほど大きな存在ではなく、「障害」程度だ。

その障害である「総理」を、佐野史郎が演じている。

佐野が脚本を読んで考えた演技で監督が認めたのか、監督の指示による演技なのかは分からないが、この映画での「総理」は、かなり浮いている。彼だけが熱くなり、ヒステリックにわめきちらしている。

「総理」は混乱の元凶のように、描かれている。

巧妙なエクスキューズ


カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 奴隷制官僚国家 | みる気が失せた!映画『Fukushima 50』はなぜこんな「事実の加工」をしたのか? はコメントを受け付けていません。

国交省やバリアフリー批判に対するアンチ?「なぜ「新幹線のトビラ」はこんなに狭いのか…?その納得の理由」の記事って

国交省やバリアフリー批判に対するアンチでは?「なぜ「新幹線のトビラ」はこんなに狭いのか…?その納得の理由」の記事って。

3ページ目にあかん記述があった。

『東海道新幹線の場合、この11号車は階段やエスカレーターからも近く、荷物が多い時はお勧めです。知っているとちょっぴりお得な、』

これはあかん。
唯一の車椅子で乗車可能な11号車に荷物の多い乗客を誘導するのは車椅子ユーザーに対する嫌がらせだ!

なぜ「新幹線のトビラ」はこんなに狭いのか…?その納得の理由(古谷 あつみ) | マネー現代 | 講談社(1/3)
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 | 国交省やバリアフリー批判に対するアンチ?「なぜ「新幹線のトビラ」はこんなに狭いのか…?その納得の理由」の記事って はコメントを受け付けていません。

サピエンス琉球上陸 3万年前の航海 ー 古代妄想

3万年前は氷河期で海水面は現在より約130m低く対馬海峡はほぼ陸橋だったので東シナ海は閉じられた内海で渡海のリスクはかなり低かったはず。
プロジェクトのwebサイトでもその辺りに触れた記述が無いので金出して読むに値するとは思えない1冊。それに「日本人誕生」は違う!
キャッチーなコピーで釣るのはかえって胡散臭さを増す。

多分台湾に渡った集団が航海術=外洋船を発明して、大陸民(当時の台湾も半島だったが)が手付かずだった当時の揚子江や黄河の河口辺りの海産物を独占できたから琉球にも渡ったと考えるのが合理的だ。

以前に台湾から与那国島には流氷を渡ったと考えたが揚子江には熱帯に生息するワニや淡水イルカが生息しているので流氷は無理がありそう。

『サピエンス日本上陸 3万年前の大航海』(海部 陽介)|講談社BOOK倶楽部


カテゴリー: 古代妄想 | サピエンス琉球上陸 3万年前の航海 ー 古代妄想 はコメントを受け付けていません。

何かあれば危険な急角度着陸、航空会社に改めて理解求める 羽田新ルート

急角度着陸、航空会社に改めて理解求める 羽田新ルート:朝日新聞デジタル より
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 何かあれば危険な急角度着陸、航空会社に改めて理解求める 羽田新ルート はコメントを受け付けていません。

辺野古の予定地「軟弱、護岸崩落の恐れ」 専門家指摘

辺野古の予定地「軟弱、護岸崩落の恐れ」 専門家指摘 [沖縄はいま]:朝日新聞デジタル より
続きを読む

カテゴリー: 日本は米国の植民地, 気になるニュース | 辺野古の予定地「軟弱、護岸崩落の恐れ」 専門家指摘 はコメントを受け付けていません。

新幹線の車いすスペースを拡充へ ネットで利用当日予約も可能に

東京新聞:新幹線の車いすスペースを拡充へ ネットで利用当日予約も可能に:話題のニュース(TOKYO Web) より
続きを読む

カテゴリー: 気になる植物 | 新幹線の車いすスペースを拡充へ ネットで利用当日予約も可能に はコメントを受け付けていません。

マウススティックの作り方 ver.2.0.20 材料

お詫び:記事は未完成です。

マウススティック作製マニュアル – 脊髄損傷作業療法研究会の改良及び現時点での材料リスト

スマホ・タッチパネルを操作できるマウススティックの作り方
材料

続きを読む

カテゴリー: とある頸損の超文書目録インデックス | マウススティックの作り方 ver.2.0.20 材料 はコメントを受け付けていません。

地車(だんじり)の起源

地車(だんじり)の起源を調べてみると意外に見つからない。

岸城神社|岸和田城下総鎮守|岸和田祭発祥の宮|だんじり祭


『御神灯のはじまり
文書には、それまで牛頭天王社の神事に伴って氏子は神賑行事は行なっていなかったのですが、 城下の町方五町(北町・魚屋町・堺町・本町・南町)の一つ北町の茶屋新右衛門が、 上方の祭礼(大坂三郷の夏祭と思われる)の賑わいを見聞し感動。 町内の者と相談の上、今年からは家々の門前に御神燈を上げたい旨を藩に願い出ました。

これを受けて、延享2年(1745)6月には藩主の許可が下り、家々の軒に亀甲印の提灯が立てられるようになりました。 同年8月の八幡社の神事に際しては、藩主から大幟4本と紋入りの小幟20本、さらに枠入りの太鼓台を賜りました。

この太鼓台には紅色の投頭巾に采配を持った子供たちが乗り込み、 チョーサヤの掛声を囃しながら 城下・城内を練り廻りました。 このときの太鼓の型式や装束は、現在の大阪天満宮の「天神祭」、生國魂神社の「いくたま夏祭」などで 見ることができる、大坂の夏祭の定番のものでした。

祭のはじまり
「ダンジリ」の初見は、翌年の延享3年(1746)8月。 町方の五町が作り物を載せた軽い引き檀尻を出し、以後、村方と浜方も檀尻を出すようになりました。 この頃の檀尻は現在のダンジリのように様式が統一されたものではなく、 人形などを載せた小型の「引檀尻」や「担檀尻」であり、獅子舞が出る年もありました。

村方・町方・浜方は、「三郷の寄合」を重ね、祭礼に関する様々な取り決めを行いました。

延享2年(1745)、上方の祭の賑やかな様子に感動した北町住人の茶屋新右衛門が その話を人々にし、町内で相談したところ、六十人賛成し、新右衛門が奉行所に願いでて、 五代岸和田城主岡部長著公が許可し、町中に印付の小幟に二十本と、わくいりの太鼓一つが下げ渡されました。 町では亀甲印の提灯を六十張ととのえ、建木をから傘屋の伊賀谷重次郎に調製させて、 祭の前夜と当日に、この提灯を家々の軒に建てたと云われています。』


上野天神祭とは ~ 上野天神祭の概要・歴史 | 上野天神祭 公式サイト


『だんじり行列のなりたち
今日、楼車を出す本町筋・二之町筋の町々でも様々な練物が出されていました。たとえば中町では、1731年(享保16年)の天神祭礼で、鷹匠の練物から母衣武者(ほろむしゃ)の練物へと変更されたと考えられています。小玉町では、1751年(寛延4年)の天神祭礼から、今日に続く七福神の練物が登場しています。

本町通を巡行するだんじり
つまり、楼車は、それらの練物より少し遅れて登場します。江戸時代には、「台尻」「檀尻」と表記され、また「山鉾」とも呼ばれた楼車は、18世紀後半の登場と考えられています。1756年(宝暦6年)の向島町の「花鉾」や、1759年(宝暦9年)の中町の「其神山」がその原初とされています。
3.出し物の固定化と菅公千年大祭

1802年(享和2年)の菅公九百年祭を契機として、19世紀前半(化政期)に現行の行列形態が、ほぼ固定化しました。その様子は、1840年(天保11年)の版画「伊賀上野天満宮祭礼九月廿五日行列略記」(版木は、伊賀市指定文化財)に詳しく描かれています。』


だんじり歴史|和⽥神社

神戸市兵庫区
『だんじり歴史|和⽥神社

六、だんじり歴史

はじまり

和田宮のだんじりは、約300年前の江戸時代には既に曳かれていました。
岡方総会所に残された古文書の元文3年5月の記事に

『和田宮祭礼に付出在家町之ねり見物ニ来リ候へと南濱御両人より昨今共使参(後略)』

とあり南濱の名主から岡方の名主に対してだんじり見物を招待しているように、和田宮の春祭は南濱の一大盛儀として行われていました。
当時は船で大阪や泉大津また淡路などのだんじりが兵庫にやってきました。
そのころ『兵庫津』は大いに栄え廻船問屋が軒を連ね、だんじりを購入したり新調したりする旦那衆には事欠かなかったものと思われます。
また幕府の締付けがあったにもかかわらず、祭りは年々派手になり経済力を持った町衆によりだんじりにもお金に糸目をつけず新調・購入されていきました。
だんじりは宮大工よりも船大工の方が筋であるという考えが一般的であり、船大工町という名前が残っているように、船大工により新調されただんじりも数多くあったのではないかと考えられています。』


淡路島の歴史と神話 | 淡路島について | 淡路島観光ガイド


『淡路だんじり祭りについて
淡路島で開催されているだんじり祭りは、永享8年(1436)に第102代後花園天皇が尾張の国島津祭の時 に、11隻の船に幕を張り幟を立てて、祭りにまぎれて台尻という役職についている大隅守を攻め討ち取った時、「皆の衆台尻を討ち取ったり!」と歓喜したという。
その後、飾り船を『台尻』と呼ぶようになり、陸上にも台尻を造り祭りに出すようになったのが始まりとされています。

元禄3年(1690)、洲本の庄二郎または与二郎という船頭が九州の日向の国(宮崎県)へ行った際、古物商から屋台を買って帰り、同年8月の洲本八幡神社の祭礼に出したのが起源だと言われています。
このだんじりは大勢で綱を持って町内を曳き歩くものでした。そのとき各地で起こった出来事を面白おかしく風刺的にやったのが有名になりました。』

淡路島の春は、「だんじり」とともにやってくる。 | 神戸っ子


『《淡路のだんじりは何処から・・・》

 淡路島のだんじり(壇尻)は台尻の転化したもので、『淡路の誇り(下巻)』によると永享8年(1436)に第102代・後花園天皇が、尾張の国島津祭の時に土地の人達が相談して11隻の船に幕を張り幟を立て、「台尻」という役職についていた大隅守を攻め討ち取った時、「皆の衆台尻を討ち取ったり!」と歓喜したという。その後、飾り船を『台尻』と呼ぶようになり、陸上にも台尻を造り、祭りに出すようになった。

【陸から・・・?】

 淡路島のだんじりの始めは、元禄3年(1690)当時、洲本の庄二郎または与二郎という船頭が交易のために九州の日向の国(宮崎県)へ行った際、古物商から屋台を買って帰り、官府の許可を得て同年8月の洲本八幡神社の祭礼に出したのが起源だといわれている。このだんじりは大勢で綱を持って町内を曳き歩いた。そのとき各地で起こった出来事を面白おかしく風刺的に行ったのが有名になった。これに刺激された他の村落でも、次々とだんじりが造られるようになり、また時代と共に造りにも改良が加えられていった。
寛保3年(1743)頃からだんじりは大型化し、舞台付のだんじりが造られて、浄瑠璃入りで演芸なども取り入れられるようになった。

【海から・・・?】

 舟だんじりの始めは、元禄6年(1693)郡家浦の船乗り12人が乗った江戸廻船が、伊勢の大王崎で嵐のため遭難にあったが、何とか無事に助かったことから、海と船に感謝した浦人が、舟だんじりを伊弉諾神宮に奉納したのが始まりだといわれている。
 享保16年(1731)、洲本の漁師町で造ったのは朱塗りの船で、天幕、吹抜、引き幕などの飾りをつけて、だんだん豪華なものになっていった。
 各地の浦(漁師町)では多くの舟だんじりが祭礼に出された。伊弉諾神宮の他にも、鳥飼八幡神社や塩田の春日神社、湊口八幡神社などの村落にも次々と舟だんじりが造られ、船や車に幕を張り、旗や幟をたてて飾りたてたようである。
 寛保3年(1743)ごろから、だんじりは大型化し、浄瑠璃入りで演芸などを行う地域も出てきた。 その後、曳きだんじりが屋台風と五重の布団だんじりに代わっていく。』


2018/12/02

離島の地下に眠る“開かずの箱” 実はだんじりのルーツ? | 神戸新聞NEXT


『離島の地下に眠る“開かずの箱” 実はだんじりのルーツ?

 兵庫県南あわじ市の離島・沼島(ぬしま)の中区公会堂地下に、地元で「箱だんじり」と呼ばれる大きく黒ずんだ箱が保管されている。大阪府岸和田市など泉州を中心に、各地で受け継がれる「だんじりの元祖」が、実は沼島にあった?

 岸和田だんじり会館(大阪府岸和田市)によると、岸和田の祭りは江戸時代の1703年を起源とし、当初のだんじりは長持(ながもち)に車輪を付けたような簡素なもの。その後、装飾や彫刻が施されて巨大化した。およそ300年前の現物は、岸和田市にも残っていないという。
 一方、沼島の中区公会堂地下に眠る巨大な箱。大きくて外に出すこともままならず、静かに安置されている。
 公会堂の2階に古新聞を見つけた。「果たして箱ダンジリ?」「寸法、型式ほぼ同じだが」の見出しが躍る。幻とされていた原始的なだんじりが沼島にあることを突き止めたという、岸和田市のグループの活動を詳しく伝えている。
 昭和50年代とみられる記事は、沼島の箱には車輪を付けた跡があり、長さ1・5メートル、幅70センチ前後の古文書のものと同型と指摘する。ただし、箱だんじりと断定する材料がなく、「これこそ初期のダンジリそのもの」「いや単なる長持」と議論を呼んでいる-と結ぶ。
 地下の箱を見せてくれた中区の藤田学さん(48)は「地元では江戸時代の箱だんじりと言われとるけど、詳しくは知らんのや」と苦笑い。「誰も箱を開けたことがない。中にはいったい何が入ってるんやろ」と首をかしげる。
 真相は謎だが、岸和田市など泉州と沼島は、船で行き来する漁師を通じて交流が深く、文化や言葉遣いが似ているという。
 交流は今も続く。岸和田市などの祭りに参加する大阪府忠岡町の櫻井保仁さん(56)は、数年前から沼島の春祭りに参加している。趣味の釣りで島を訪れるうち、“だんじり愛”を通じて祭りに加わるようになった。「よそもんでも受け入れてくれたのがうれしい。同じだんじりの祭りでも、沼島は海に入るなど違うところがあって新鮮。毎年訪れたい」と話す。
 海を隔てたつながりは、今も生き続けている。(上田勇紀)』


起源とは別に興味深い。
Osaka’s Danjiri Festivals: Beyond Kishiwada – Kansai Odyssey


カテゴリー: 雑記 | 地車(だんじり)の起源 はコメントを受け付けていません。

新型コロナ“神対応”連発の台湾 IQ180の38歳天才大臣の対策に世界が注目

"神対応"という言葉のチョイスのタイトルが残念。注目すべきは危機管理能力の実効力であって支持率ではないでしょ。

新型コロナ“神対応”連発で支持率爆上げの台湾 IQ180の38歳天才大臣の対策に世界が注目 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 新型コロナ“神対応”連発の台湾 IQ180の38歳天才大臣の対策に世界が注目 はコメントを受け付けていません。